2012年5月27日 日曜日

土屋先生のハブラシ指導

天下の土屋先生このコップの取りあわせがきれいだ

http://ameblo.jp/tsuchiyakazuko/entry-11261612643.html


"歯ブラシをコップの水で洗いながらブラッシングする"

コップに半分くらいの水を入れ
その中でブラシを洗いながらブラッシングする。

必ず時計で確認しながら
1日20分、2週間続ける。

・・・・

1日めは、コップの中の水は
剥がれた細菌やその産物、血液、膿などが混じり
自分の口から出たものとは思えないほど汚い。

しかし・・・

3日・・・5日・・・1週間・・・10日・・・・

2週間続けると

歯肉は引き締まり出血はほとんどなくなる。

大事な事は数字を明確に、時計を確認しながら・・・・

そして、2週間という制限でモチベーションを高める。

この2週間、1日20分のブラッシングから
様々なことを学ぶ。

2週間が経過して、その後どうするか・・・・
その学びが活かされる。

誰も、2週間たったからといって
ブラッシングをおろそかにして
以前のプラークがべったり付着した炎症のある状況には戻らない。

「すごく変わりました!!!」

そう言う彼は大きな仕事を人る成し遂げたように晴れやか。

「そうですね・・・もうご自分でお分かりですよね・・・」


判断基準が自分にある強い内的基準の彼・・・・

「出血するから歯磨きができない」

・・・・この一言を聞き逃してはならない。

"自分で判断する"ような体験をサポートするのが私の仕事。

その人に合った方法をその人に合った表現で伝える。




投稿者 砂野歯科医院