• インプラント治療の流れ
  • インプラントの治療例をご紹介
  • 気になるコストについて
HOME > インプラント治療とは

インプラント治療とは・・・

インプラント治療とは・・・

インプラント治療とは・・・のイメージ

歯を失ってしまった際や抜けてしまった部分などに、人工の歯を埋め込む治療のことを言います。

最近「インプラント」という言葉が一般的になってきているので、ご存知の方も多いと思います。

それと同時に歯を埋めるということについて、痛い、怖いなどの不安を持たれる方も多くなってきています。


しかし「インプラント」とは、何かを「埋める」ことを意味し、医学の世界では整形外科の人工関節などを骨に埋め込む治療で多くの実績があります。
歴史的に人間は、失った自分の体の一部を何かで補うことを考え続けてきました。歯においても40年以上の臨床実績があり、安心していただけると思います。

インプラント治療について

人工の歯根となるインプラントはチタン製です。
チタンは骨と結合する特性をもっており、地球上で最もアレルギーの少ない金属と言われていますので、金属アレルギーの方でも特殊な場合を除き、使用することができます。

顎の骨にしっかりと固定されるインプラント治療は、ぐらつきもなく、取り外して洗う必要もないので、入れ歯などと比べてメンテナンス面で優れていると言えます。
天然の歯と変わらない感覚で噛むことができ、自然で美しい歯を手に入れることができる、それがインプラント治療なのです。

1本の歯を失ったCASE
1本の歯を失ったCASEのイメージ

最も一般的なインプラント方法で、歯を失った所に1本だけ埋入します。
ブリッジのように両サイドの歯を削らずに済む点がメリットです。
また、噛む際に歯ぐきによい刺激が加わることで、顎の健康を保ちます。

奥歯を含めて複数の歯を失ったCASEのイメージ
奥歯を含めて複数の歯を失ったCASEのイメージ

数本の歯を失った場合や歯のない部分が広い場合、部分入れ歯を用いるのが普通でした。


しかし取り外し式の部分入れ歯は、残りの歯と、歯のない歯ぐきで支えらければならず、負担がありました。
インプラント治療の場合、インプラントを支えとした固定式ブリッジなので、安定します。

治療法の比較

インプラント、入れ歯、ブリッジなどの治療法についての比較を下表にてまとめております。

治療法 インプラント 入れ歯 ブリッジ
インプラントのイメージ 入れ歯のイメージ ブリッジのイメージ
審美性
噛む力
口内衛生 優れる(手入れ要) 不衛生になりやすい 不衛生になりやすい
耐久性 優れる(手入れ要) 合わなくなる事が多い 両隣の歯に負担
健康な歯を削る なし なし 両隣の歯を削る
違和感 なし 有り 少ない
顎骨がやせる なし やせる やせる事がある
手術 有り(抜歯程度) なし なし
診療形態 自由診療となります 保険診療
見映えの良いものは、
自由診療となります
保険診療
見映えの良いものは、
自由診療となります
治療期間 通常6~24週間程度 2週間-2ヵ月 2-3週間