• インプラント治療の流れ
  • インプラントの治療例をご紹介
  • 気になるコストについて
HOME > インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

こんな方にお勧めします!

  • STEP.1 診査と治療計画
  • STEP.2 1次手術
  • STEP.3 治療期間(オッセオインテグレーション)
  • STEP.4 2次手術
  • STEP.5 補綴治癒
STEP.1
診査と治療計画のイメージ
診査と治療計画

手術をする前に、全身の健康状態や口の中の状態、特に残っている歯周の状態や歯の喪失した所のあごの骨の状態を調べることにより、インプラントの手術をしても大丈夫かの診査を行います。治療は、骨の中にチタン製インプラントを埋めるステップと歯を入れるステップの大きく2つに分けることができます。十分な診査と綿密な治療計画を立てた上で、患者さまに合わせた治療をすすめていきます

STEP.2
1次手術のイメージ
1次手術

歯が喪失した部分の歯ぐきを切って、あごの骨にドリルで穴をあけ、歯の支えとなるインプラントを骨の中に埋め込みます。生体に馴染みのよいチタンという金属が材質として多くつかわれています。

STEP.3
治療期間(オッセオインテグレーション)のイメージ
治療期間(オッセオインテグレーション)

インプラントを埋入したあと、歯肉で覆い、オッセオインテグレーション(インプラントと骨の結合)が得られるのを待ちます。
通常の治癒期間は1.5~2か月(最短8週間)ですが顎骨の状態によってはさらに数か月待つ場合もあります。
この間は仮の義歯を使用することができます。

STEP.4
2次手術のイメージ
2次手術

1回法という手術法では、1時手術においてインプラントは頭だしされているためにこの手術ステップはありません。一方、2回法のインプラントでは骨の治癒後、粘膜を切開してインプラントの頭をだします。

STEP.5
補綴治癒のイメージ
補綴治癒

歯肉の治癒後、上部構造を作るための型取りをします。まずはインプラントの固定性の仮歯を製作し、2~3か月使用して頂きます。この時点でほぼ何でも噛める状態になります。実際に仮歯を使用して頂いた状態で、かみ合わせや清掃性などが最善かどうかの検証を行い、完全に不具合がない状態を確認した後、最終的なインプラント上部構造(セラミックの歯)を製作します。