• インプラント治療の流れ
  • インプラントの治療例をご紹介
  • 気になるコストについて
HOME > 歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは

歯周病とはのイメージ

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている『歯周病菌(細菌)』に感染し、歯肉(歯ぐき)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう、日本人が歯を失うもっとも大きな原因の歯の周りの病気の総称で、歯周病の初期では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多いだけで、実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれています。

インプラント手術後の注意事項

歯垢(プラーク)

口の中には数百種類、数億個の細菌がいます。
細菌がいること自体には問題はありませんが、何らかの原因によってこの細菌が過度に増加したり、細菌に糖分を含んだ食べかすが付着する事により『歯垢(プラーク)=細菌の塊』が、歯だけでなく歯の周りに強力に付着します。
この歯垢が歯肉(歯ぐき)の炎症を引き起こし、歯槽骨、歯根膜を溶かしていく、歯周病の原因となるのです。

歯石

歯石とは歯周病の原因の歯垢(プラーク)と唾液中に含まれるカルシウムが混ざり合って出来た物質で、歯垢は歯磨きで除去する事が可能ですが、歯石は歯磨きでは除去する事が出来ないため、歯科医院でスケーラーと呼ばれる専用の器具を使い、除去する必要があります。

喫煙

人間の身体には自然治癒力があるため、ある程度の病気やケガであれば自然に治ります。
しかし、たばこに含まれるニコチンは、血液の流れを悪くし、身体の自然治癒力を下げるといわれていますので、歯周病になりやすく、喫煙し続けていると歯周病も治りにくくなってしまいます。
またタバコにはニコチン以外にも多くの有害物質が含まれておりますので、喫煙をやめない限り、歯周病は治らないと言っても過言ではありません。

歯並びの悪さ

歯並びが悪いと磨き残しが多くなりやすく、付着したプラークを除去できず、歯周病になりやすくなります。
歯並びが良い人は神経質に歯磨きをしなくても磨き残しが少なく、付着した歯垢(プラーク)も除去できている事が多いのですが、歯並びが悪い人、特に歯と歯が重なり合っているような場合、どんなに丁寧に歯磨きをしても重なり合っている部分はどうしても磨き残しが多くなってしまうためも、歯垢(プラーク)も付着しやすく、付着した歯垢(プラーク)を除去しにくくなりますので、歯周病になりやすくなります。

詰め物、被せ物の不適合

虫歯になってしまった場合、詰め物や銀歯などのかぶせ物をしますが、これらの詰め物、被せ物が適合いないと、隣の歯と段差ができてしまい、段差部分に歯垢(プラーク)が付着しやすくなり、歯周病になりやすくなります。

歯周病チェック表

ひとつでもあてはまる方は、お早めに検診をお受けください!

  • 歯磨き時に、歯ぐきから血がでる
  • 口臭が気になる
  • 朝起きた時に、口の中がネバネバする
  • 何度か歯ぐきが腫れた経験がある
  • 歯がグラグラしている
  • かたい物が噛みにくい
  • 歯ぐきから膿が出たことがある
  • 歯が浮いた感じがする
  • 歯ぐきが後退し、歯が長くなった感じがする
  • 出っ歯や隙っ歯になった
  • 指で動かすと、歯が揺れる
  • 冷たい物や熱い物が歯にしみる