• インプラント治療の流れ
  • インプラントの治療例をご紹介
  • 気になるコストについて
HOME > 歯周病とは > 歯周病治療の流れ

歯周病治療の流れ

歯周病治療の流れ

  • STEP.1 問診
  • STEP.2 歯周病検査
  • STEP.3 抜歯(進行した歯周病)
  • STEP.4 プラークコントロール指導
  • STEP.5 スケーリング
  • STEP.6 ルートプレーニング
  • STEP.7 歯周外科治療
  • STEP.8 歯周治療後のメンテナンス
STEP.1
問診のイメージ
問診

まずは、現在の健康状態やこれまでの経過など、今後治療を行っていく上で参考となる情報について患者さんから話を聞きます。

STEP.2
歯周病検査のイメージ
歯周病検査

レントゲンを撮って骨の状態を見たり、歯周ポケットの深さを測ったりして歯周病の状態を検査します。

STEP.3
抜歯(進行した歯周病) のイメージ
抜歯(進行した歯周病)

回復不能と判断された歯は、無理に残しておくと健康な歯にまで悪影響を与える可能性があるので、早期に抜歯します。

STEP.4
プラークコントロール指導のイメージ
プラークコントロール指導

歯周病の最大の原因はプラーク(歯垢)なので、正しいプラークコントロールの方法を指導します。

STEP.5
スケーリング(歯石取り) のイメージ
スケーリング(歯石取り)

スケーラーという器具を用いて、歯石を取ります。

STEP.6
ルートプレーニングのイメージ
ルートプレーニング

スケーリングでは取ることのできない歯の根っこの部分の歯石や、細菌に感染した歯質を除去します。

STEP.7
歯周外科治療のイメージ
歯周外科治療

歯周組織再生療法
歯ぐきを切って骨を出し、奥深くの歯石や感染歯質を徹底的に除去したり、溶かされてしまった骨を回復させる処置を行ったりします。

STEP.8
歯周治療後のメンテナンスのイメージ
歯周治療後のメンテナンス

定期的なメンテナンスを行うことが、歯周病の再発を防ぐために最も重要です。

基本的には以上のような流れで治療が行われますが、必要に応じて膿の切開や薬物投与、歯の固定などが行われることもあります。

噛み合わせや歯ぎしりなどが原因だと思われる場合には、それらに対する治療が行われることもあります。
歯周病が改善した後は抜けた歯を補う処置(入れ歯、インプラントなど)や、歯と歯をブリッジで繋いで力を分散させる処置などが行われます。