• インプラント治療の流れ
  • インプラントの治療例をご紹介
  • 気になるコストについて
HOME > インプラントQ&A

インプラントQ&A

インプラントは何本入れればいいのですか

抜けた歯1本に対して必ず1本ではありません。
条件が良ければ総入れ歯を4本のインプラントで支えられます

インプラントの手術は痛いですか?はれますか?

口の中だけの局所麻酔をしてからインプラントを入れますので,ほとんど痛みは感じません.
処置時間は30分から120分です。
たださい麻酔がきれて傷口の痛みが全くないわけではありません.手術の難易度にもよりますが手術後1~2日痛みや腫れが出る場合があります。
極度に不安な方は鎮静法を行います。

インプラント治療をして身体に影響はありませんか?

インプラントに使われる金属(チタン)は世界中でも最もアレルギーの起こりにくい金属と言われています。
骨と結合する性質があり、重度の骨折を支えるためにも使われる金属ですので体に全く影響はありません。

インプラントは何年くらいもちますか?

2010年時点で最も経過を追ったインプラントとして確認されているのは最長42年という事になります。
メンテナンスがしっかりできていないとインプラント周囲の骨が痩せてきて動いてしまいます。
長く機能させるためにも、メンテナンスが重要です。

インプラントに年齢制限はありますか?

年齢の上限はありません。下限は骨の成長がほぼ完了すると言われている年齢であれば、条件さえ整えば、どなたでもインプラント治療を受けられます。
1996年のスエーデンのコンセンサス会議で身長でいえば3年で0.5cm以下の成長を示すとされています。
一般に年齢でいえば18歳とか、20歳とか言われてています。
人種差・男女・個人差も考えても、最低限でも結婚できる年齢以上が適応の年齢ではないかと考えます。

インプラント治療の途中でも仮歯は装着できますか?

仮歯は手術当日から装着できますが、埋入した部位に過度の刺激を与えるのを避けるために、
抜糸してから二週間程度経過後から装着することをおすすめします。

インプラントは健康保険はきかないのでしょうか?

インプラント治療は自費診療扱いとなりますので、健康保険は適用されません。
しかし、医療費控除の対象となりますので、経済的な負担が軽減される場合がございます。
詳しくは最寄の税務署までご相談ください。

治療期間はどれくらいですか。いつから治療可能ですか?

使用するインプラントの種類、症例の難易度によりますが条件が良ければ手術当日からでもット可能なものもあります。
即時負荷・早期負荷など処置と部位によってリスクなど整理されています。
理想的には安静期間を置いて適切な負荷をかけるのが理想的です。

治療の成功率はどれくらいですか?

使用しているインプラントメーカーは、どれも90%以上の報告があります。

以前の歯と同じように咬むことができますか

インプラントは、顎の骨としっかりとくっついて丈夫な土台となり、ほとんど歯があった頃と同じのものを噛むことができます。